パラグライダー FAN.netでは、パラグライダー(パラモーター/モーターパラグライダー)を始めたいと思っている人の為に、「パラグライダーとは?」という基本から、パラグライダーの始め方費用パラグライダーのライセンスについてなど知っておきたい基礎情報を提供しています。
また、日本各地のパラグライダースクールもご紹介します。

パラグライダー(パラモーター/モーターパラグライダー)基礎知識

「鳥のように空を飛びたい!」そんな夢をかなえる手段として最も人気があるパラグライダー。
でもなんとなく不安? 「お金がすごくかかるの?」「やっぱり危ない?」「難しくて練習も大変?」
そんな漠然とした不安を基礎知識を知ることで解消しましょう。

パラグライダー(パラモーター/モーターパラグライダー)スクール

パラグライダーで空を飛ぶためには必要な知識とテクニックを学び、経験を積む必要があります。
スクールはロケーションや設備、フライト確率などさまざまな特徴があります。またスクールに通い続けるには雰囲気が自分にあっているかも大切。
まずは体験コースでパラグライダーを実際に体験してみましょう。

朝霧高原(静岡県)   鳥取砂丘(鳥取県)
北海道   岩手県   宮城県   山形県
東京都   神奈川   埼玉県   千葉県
栃木県   群馬県   茨城県   山梨県   長野県
愛知県   岐阜県   兵庫県   滋賀県

これからパラグライダーを始めたい人の為の雑誌・ムック・書籍

これからパラグライダーやパラモーター/モーターパラグライダーを始めたい人の役に立つ雑誌などをご紹介します

PARA WORLD (パラ ワールド) 2011年 06月号 [雑誌] パラグライダーにチャレンジ2011-2012 (イカロス・ムック)
隔月刊「パラ ワールド」はパラグライダー、モーターパラ ワールドの専門誌です。スクールやイベント情報、大会レポートなど情報盛り沢山。偶数月の30日発売。 パラグライダーとパラモーターを始めるためのガイドブックです。毎年、新しい情報を加えて改訂されています。
パラグライダー―風になる本 入門からハイテクニックまでパラグライダーのすべて 超・実戦的お天気入門―とってもわかりやすい気象の本
パラグライダー誕生の歴史、パラグライダーの仕組みなどパラグライダーを始めるための知識から、ハイテクニックまでパラグライダーで空を飛ぶために必要な知識が盛り込まれています。 パラグライダーやハンググライダーといったスカイスポーツ、川や海で遊ぶカヌーなどアウトドアで遊ぶには天気の知識が必要。とっつきにくい気象学をわかりやすく解説してくれる、お天気を学ぶのに最適な一冊です。

パラグライダーQ&A

Q).高所恐怖症でも大丈夫?

ほとんどの人は高所恐怖症です。フライヤーのなかにも二階の屋根に登るのを恐がる人がたくさんいますが、いざ自分に翼が付いて大空に舞い上がると、ほとんど別人のようになってしまいます。
ビルの屋上などに立って下を見ると、吸い込まれそうになって、思わず目が眩みそうになりますが、不思議なことに同じ高さをパラグライダーで飛んでいるときは少しも恐くありません。
階段を一段降りるのも恐いという人がいますが、そういう場合は病院で相談してやめておいたほうがいいかもしれません。

Q).できれば登山しないで飛びたいのですが?

最近のフライトエリアはアクセスがよくなっており、あまり歩かなくても山頂まで行くことができます。スキー場などはゴンドラが設置されているところが多いので、一日何回でもフライトが可能です。
平地から飛びたい場合は、エンジン付きのモーターパラグライダーがおすすめです。
周りに障害物の無い河原や海岸、運動場、牧草地など、なだらかなところがあれば大丈夫です。

Q).パラグライダーは何時間ぐらい飛べますか?

パラグライダーは上昇気流がないとすぐに降りてしまいますが、うまく上昇気流を捕まえることができると、いつまでも飛んでいることができます。
基本的には有視界飛行ですから夜になると飛べません。
飛行時間の最長は11~12時間くらいでしょう。


パラグライダー基礎知識

パラグライダースクール